どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

定置網の手網を引きマスを捕らえたヒグマ(2008年9月3日朝刊掲載)


 知床半島が2005年7月に世界遺産に登録されてから5年を迎えました。

 手付かずの自然を守り、未来に未来に引き継ぐため、利用と保護の両立へ向けた取り組みが続いています。

 また、オホーツク管内斜里町や根室管内羅臼町では、さまざまな記念事業も予定されています。

 北海道新聞に掲載された記事や写真、動画とともに、この5年間で浮かび上がった世界遺産知床の課題と、最新の話題をお伝えします。


 2010年7月14日に行われた道新フォーラム「知床の明日を考える」はこちらから。

知床関連動画
動画

フムフム通信員「世界遺産の知床を調べたよ」

動画

知床の保護 住民と一体で 横浜でシンポ

動画

羅臼沖にザトウクジラ登場

動画

知床岬でごみ拾い奉仕

<ブログ>知床自然日記

ホシムクドリ 知床で初記録

 今朝、いつものように撮影に出ていると、ふと見慣れない野鳥が樹の上にとまっている...

打ちあがったアミ類

 「打ちあがったアミ類」 ウトロのはずれを流れる幌別川にカモメがたくさん集まって...

知床五湖開園

 2014年4月18日の11:00から道道知床国立公園線の岩尾別川ゲートから知床...

ヒグマと春

 4月も中旬を迎え、とある動物の活動が活発になってきた。その動物は、ヒグマだ。道...

いまだ残る流氷

 4月を過ぎてもウトロ沖には、まだ流氷がとどまっている。風向きによっては離れてし...

このページの先頭へ