どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

鈴木氏「感激」の授賞式 道内出身、初の栄誉(2010/12/12)

スウェーデンのカール16世グスタフ国王からメダルを贈られる鈴木章北大名誉教授=12月11日未明(代表撮影)

 【ストックホルム西山由佳子】スウェーデンの首都ストックホルムで12月10日(日本時間11日未明)開かれたノーベル賞授賞式。鈴木章北大名誉教授(80)は他の受賞者らが見つめる中、同国のカール16世グスタフ国王から化学賞のメダルと賞状を贈られた。「感激している」。式後、鈴木さんは率直に喜びを表した。

 ノーベル化学賞などの授賞式は10日午後4時半(日本時間11日午前0時半)から、ストックホルム中心部のコンサートホールで行われた。

 化学賞の受賞者は鈴木章北大名誉教授、根岸英一・米パデュー大特別教授、米デラウェア大のリチャード・ヘック名誉教授(79)の3人。

 鈴木さんと根岸さんは他の受賞者と共にえんび服でステージに登場し、リラックスした表情で着席。賞の選考に当たったノーベル賞委員会の委員が3人の授賞理由となった「有機合成におけるパラジウム触媒を用いたクロスカップリング反応」について紹介し、「農薬や工業製品などに広く活用されている」と賛辞を贈った。

 鈴木さんと根岸さんはこの後、それぞれステージの中央へ。スウェーデンのカール16世グスタフ国王からメダルと賞状が贈られると、ファンファーレが鳴り響き、招待客1600人から大きな拍手がわき起こった。

ノーベル賞 動画一覧
動画

ノーベル化学賞に
北大名誉教授・鈴木章さん

動画

「若い人 理系に興味を」
本紙インタビュー

動画

「感謝感激」
野依氏と電話対談

動画

「自分の興味を大切に」
母校の苫東生と交流

このページの先頭へ