どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

北海道米は日本一おいしい!

 道産ブランド米の切り札とされる「ゆめぴりか」が2010年秋、食卓に本格デビュ−しました。09年秋に初めて市場に登場したものの、日照不足によるコメ不作で販売量は予定を大きく下回り、店頭に 出回る量が多くありませんでした。しかし、10年は前年の10倍の1万トンが出荷され、道内の店頭に並んだほか、首都圏の量販店でも初めて本格的に売り出されました。「コシヒカリに匹敵する食味」とされるだけに、「香りと粘りが抜群」「白いご飯だけで、こんなにおいしいなんて」と手放しで評価する声ばかり。「安い道産米」のイメ−ジを完全に打破する期待の新品種「ゆめぴりか」を巡る、これまでの取り組みや最近の動きを紹介します。

<関連ニュース>

新道産米は「ゆきさやか」 北農研が開発 食味安定、寒さに強く(2011/11/26)

<らんこし米・ブランド化への挑戦>下 競争意識 法人設立、加工品開発も(2011/11/10)

<らんこし米・ブランド化への挑戦>中 地道な努力 農家自身が栽培法探求(2011/11/09)

<らんこし米・ブランド化への挑戦>上 グランプリ 「うまさ証明」思い結実(2011/11/08)

初代日本一は地元の宮武さん 蘭越で「米−1」グランプリ(2011/11/06)

ゆめぴりか一番人気 旭川のフェスで米の食べ比べ(2011/11/04)

新嘗祭の米を献上 新居さん、石狩から30年ぶり(2011/10/28)

「ゆめぴりか」道外販売強化 東京で新米発表会(2011/10/27)

道産食材の料理堪能 東京で交流会 北海道倶楽部(2011/10/26)

ゆめぴりか続々海外へ 札幌の2貿易会社 香港、台湾などで販売(2011/10/21)

ゆめぴりか最高の出来 出荷量は前年比1万トン増 食味基準6割クリア(2011/10/17)

ゆめぴりか食べJ1へ JAグループ、コンサに1トン贈る(2011/10/12)

4種類の道産米 食べ比べ 札幌で講演会(2011/10/03)

ゆめぴりか 通年販売へ 11年産 大幅増4.3万トン計画 店頭では1割高か(2011/09/23)

ゆめぴりか 実入り上々 収穫本格化(2011/09/10)

ゆめぴりか 道外でCM ホクレン、10月から(2011/09/01)

上川の農家ら、震災後のコメ流通学ぶ(2011/08/26)

「ゆめぴりか」膨らむ期待 生育順調 管内農家「今年こそ」 過去2年は天候不順 低タンパク目指し工夫も(2011/08/05)

「ゆめぴりか」拡大には 生産振興会が研修会(2011/06/22)

「白鵬米」横綱が田植え 地元小学生と額に汗 滝川(2011/06/12)

「ゆめぴりか」月内完売 10年産、道内分(2011/06/02)

>>関連ニュース一覧へ

 

<はばたく道産米>

<企画・特集>

写真グラフ

旭川市内で早くも刈り取りが始まった「きらら397」の収穫作業。昨年とは一転し、豊作の手ごたえが…(掲載 1994/08/30)

店頭に並ぶ「ゆきひかり」。北海道米の食味は新品種導入で急速に改善されつつある(掲載 1988/07/09)

道産米の新旧のエース「ほしのゆめ」と「きらら397」をPRするポスター。コメ改革がもたらす大競争時代は目前だ=JR東京駅八重洲中央口コンコース(掲載 2003/08/26)

道南農試の水田で育つふっくりんこ。穂が出る直前の状態という(掲載 2006/08/06)

水田をキャンバスに、3色の稲で描かれた「落穂拾い」=旭川市東鷹栖、本社ヘリから(掲載 2007/07/08)

西日を浴び、鏡のように輝く水田=空知管内浦臼町、本社ヘリから(掲載 2007/05/19)

北海道米販売拡大委員会がご案内します 北海道のお米 【北海道米LOVE】
このページの先頭へ