どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

道新小学生新聞フムフム

通信員だより (2014/08/30)

<通信員だより>能楽(のうがく) 難しいけど楽しい

田中謡子(たなかようこ)《小樽(おたる)市・潮見台(しおみだい)小5年》

 私(わたし)は1年生のころから能楽(のうがく)を習っています。能楽(のうがく)の衣装(いしょう)である装束(しょうぞく)を着た子どもが写っているポスターを見て、私も着てみたいと思ったからです。

 けいこは週1回で、「まい」や「うたい」、「小鼓(こつづみ)」を練習しています。うたいはアクセントを付けたり、声をのばしたりするのが難(むずか)しいです。まいで持つおうぎの使い方を覚えるのもたくさんの練習が必要です。

 何回もいやになったことがありますが、「上手にできたね」と言われるとすごくうれしいのと、達成感もあり続けてこれました。

 8月30日には「おたる市民能(のう)」という能楽(のうがく)の発表会があり、2カ月前からけいこを重ねてきました。けいこの成果をお客さんに見てもらうと心がすっきりします。能楽(のうがく)はすごく楽しいです。

道新小学生新聞フムフム コンテンツ一覧

このページの先頭へ