どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

道新小学生新聞フムフム

どきどき初挑戦(ちょうせん)! スノーボード楽しい/通信員だより (2015/01/24)

斜面をすべり降りる通信員

指導員の長谷川新さん(左)のアドバイスを受けながらスノーボードのくつをはく2人

 道内の多くの学校では、スキーやスケートの授業(じゅぎょう)がありますが、スノーボードもかっこいいと思いませんか。昨年のソチ五輪で旭川(あさひかわ)市出身の竹内智香(たけうちともか)選手が銀メダルを取った、冬のスポーツです。旭川(あさひかわ)市では2月28日と3月1日に、世界的な大会「ワールドカップ」《W杯(はい)》が開かれます。会場になる市内のスキー場「サンタプレゼントパーク」《神居町富岡(かむいちょうとみおか)》で、フムフム通信員の2人がスノーボードに初めて挑戦(ちょうせん)しました。《文・金谷育生(かなやいくお)、写真・小室泰規(こむろやすのり)》

バランス難(むずか)しい/転ぶ練習も

 体験したのは松元遥(まつもとはるか)さん(10)=旭川(あさひかわ)市・東光(とうこう)小5年と中川真優子(なかがわまゆこ)さん(10)=士別(しべつ)市・士別(しべつ)小4年=です。2人ともスキーをすべることはできますが、スノーボードは初めて。楽しみにしながらも、ちょっぴり緊張(きんちょう)ぎみです。

 教えてくれるのは、同スキー場で約20年指導している長谷川新(はせがわあらた)さん(43)。まず2人に「サッカーのボールは、どうやってけりますか」と聞きました。質問(しつもん)の意味が分からず困(こま)っていると、長谷川(はせがわ)さんは笑いながら「スキーとちがって、スノーボードは横向きですべるよね。ボールをける足と反対の、ふんばる方の足を前にしてすべるのが基本(きほん)なんだよ」と説明してくれました。

 準備体操(じゅんびたいそう)の後、平らな場所でスノーボードに足を固定しました。片足(かたあし)だけを固定して歩いたり、両足を固定してジャンプしたりする練習をしました。松元(まつもと)さんは「バランスの取り方がスキーとちがう」と、おっかなびっくりです。

 ゆるやかな斜面(しゃめん)でまっすぐすべることにしましたが、どうしても曲がってしまいます。長谷川(はせがわ)さんは「しっかり前を向き、ボードの真ん中に体重がかかるようにして」とアドバイスしてくれました。そして、すべる方向を指差し、そちらを見るようにすると、まっすぐすべれるように。中川(なかがわ)さんは「こつがつかめてきた」と、緊張(きんちょう)がほぐれたようです。

 慣(な)れてきたところで、転ぶ練習もしました。後頭部をぶつけてけがをする危険性(きけんせい)が、スキーよりも高いと言われているからです。後ろに転ぶときは、あごを引くことなどを習いました。

 その後はいよいよリフトに乗り、曲がる練習をしながら斜面(しゃめん)を下りました。今回のW杯(はい)で実際(じっさい)に選手がすべり降(お)りる場所です。2人は斜面(しゃめん)を見上げながら「大会を見に来たいね」と話していました。

 長谷川(はせがわ)さんはスノーボードの魅力(みりょく)について「飛んだり回ったり、スキーよりもいろんなことができます。上手になるのも早いですよ」と話してくれました。

 中川(なかがわ)さんは「スキーとは体の向きがちがうので最初は不安だったけど、すべってみたら楽しかった」。松元(まつもと)さんも「転んでも、なんか笑っちゃうくらい楽しかった。またやってみたい」と満足そうでした。


ワールドカップ旭川(あさひかわ)大会があるよ

 2月28日は男女大回転の予選・決勝トーナメント、3月1日は男女回転の予選・決勝トーナメントが行われます。竹内(たけうち)選手など、十数カ国から約80人の一流選手が出場する予定。大回転(コースは約470メートル)は回転(約330メートル)よりも旗と旗の間が長く、速さを競います。回転は細かなターンの技術(ぎじゅつ)が必要です。大会の観戦は無料。



<通信員だより>宿泊(しゅくはく)学習が楽しみ

鎌田康平(かまだこうへい)《札幌(さっぽろ)市・前田北(まえだきた)小5年》

 ぼくの学校では1月26、27日に、5年生のみんなで札幌(さっぽろ)市の「青少年山の家」に宿泊(しゅくはく)学習に行きます。

 ぼくは宿泊(しゅくはく)学習のリーダー係になりました。青少年山の家で過ごす時の約束ごとを決めたり、そうじの分担(ぶんたん)をしたりし、事前にみんなに説明しました。

 宿泊(しゅくはく)学習で楽しみにしていることは、雪だるま競争とチューブすべりです。雪だるま競争は、一定時間に雪だるまをどれだけ大きく作ることができるか、グループごとに競います。仲間5人で力を合わせてがんばりたいです。

 宿泊(しゅくはく)学習のテーマは「メモリーズ」。すてきな思い出をたくさん作れるように、友達と協力し合い、楽しい時間を過(す)ごしたいと思います。

道新小学生新聞フムフム コンテンツ一覧

このページの先頭へ