どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

燃えろ!コンサドーレ 平川弘の通信簿
  • 日程
  • 試合速報
  • 戦績
  • 順位表
  • 選手・スタッフ
  •     

    甘い寄せ 散漫パス響く (2014/11/19)

    ▽第41節 札幌 2―2 福岡 (11月15日、レベルファイブスタジアム)

     福岡に引き分けてプレーオフ進出の可能性がなくなった札幌。東京V、讃岐、福岡と下位チーム相手に3試合連続のドローでは、最終節を残しての終戦も仕方がない。バルバリッチ体制に変わって何とか巻き返したが昨年同様、あと一歩が足りなかった。

     福岡戦の2失点は1点目がセットプレーで2点目が自陣でのミスによるもの。崩されての失点ではないが再三、DFラインの背後をつかれて決定機をつくられた守備には問題があった。

     指摘されている相手が4バックだった時の札幌の守備網がうまくはまらない。福岡戦では前線からのプレッシャーが甘く比較的自由にロングパスを通された。ボールにもう少し厳しく寄せないと、奈良が後ろでいくらスライディングしても守りきれない。最終ラインだけの問題ではなかった。そして、荒野の左サイドを何度も破られて押し込まれたのも痛かった。

     ここはマークのズレというよりも単純に1対1の戦いで負けたと言った方が正解だが、金森とオ・チャンヒョンが積極的に仕掛けてきたので荒野もタジタジだった。

     後半、DF松本を入れて左サイドの修正を図ったが、もっと早く手を打ってほしかった。そこで後手を踏んだこともあり、中盤で汚れ役をやっていた宮沢にお鉢がまわってきた。宮沢が自陣での横パスをカットされ即失点。そんなに厳しい圧力を受けた状況ではなかったが、主導権を福岡に握られパスにも注意力を欠いてしまった。

     うまく歯車がかみ合わなかったゲームだが、頼みの都倉が抜群の集中力で2得点し勝機はあった。チャンスに決め切る力が都倉以外にあったら3―2で勝っていた。若い中原に決定機を逃した責任を押し付けるのは酷。仕事ができなかった内村には最終節の磐田戦で借りを返してもらいたい。(平川弘=サッカー解説者、元日本代表)
    福岡戦
    選手名 出場 評価 ひとこと
    GK
    李昊乗 好セーブでしのいだが
    DF
    パウロン もったいない反則
    奈良竜樹 コース変わってかぶる
    櫛引一紀 裏取られ打たれる
    MF
    日高拓磨 遅れたクロス対応
    松本怜大 流れに乗れてない
    宮沢裕樹 最悪の横パス
    上里一将 2得点の起点パス
    荒野拓馬 サイド突破され完敗
    FW
    内村圭宏 尻向けんな
    前田俊介 胸トラップも打てない
    中原彰吾 決めれないの?
    ヘナン 小気味良く展開
    都倉賢 J1に獲られちゃう?
    ※出場は◎フル出場▽先発途中交代▲途中出場。評価はA大変良いB良いC普通D悪い、―は採点不可

    このページの先頭へ