どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

燃えろ!コンサドーレ 平川弘の通信簿
  • 日程
  • 試合速報
  • 戦績
  • 順位表
  • 選手・スタッフ
  •     

    脅威与え続けた都倉 (2014/10/29)

    ▽第38節 札幌 2―0 湘南 (10月26日、札幌ドーム)

     早々にJ2を制してしまった湘南は、やはりモチベーションを保つのが難しかったと思う。敵将のチョウ・キジェ監督はそれを言い訳にせず、プロとして100%ファイトすることを選手に求めた。得点源のウェリントンや主将の永木を外し出場機会の少なかった選手を起用。血を入れ替えたことでフレッシュ感は出たのだろうが、主力を温存したことで消化試合の感は拭えなかった。試合終了後、力を出し切ってピッチに倒れ込んだのは札幌の選手たちの方だった。

     互いに3―4―2―1というシステムでの対戦であったが、勝負の明暗は前線の起点となるワントップの差だった。湘南はウェリントンが不在だったため前線で脅威となる起点をつくることはできなかった。そのため、サイドからそこそこ攻めてシュートも打ったが中盤以降の選手が飛び出してわき出てくるような速さ、パワーはさほど感じられなかった。後半、札幌も守備網を下げて引いて守り、うまくしのいだと思う。アキレスけん痛で交代した河合主将の後に入った櫛引が、最高の集中力とパフォーマンスを見せ守備を引き締めてくれたことも大きかった。GK李からのロングキックを胸でトラップして豪快なボレーシュートを決めた都倉は湘南DFに脅威を与え続けた。

     後方からのロングボールを相手DFと競り合う時はFWにとって不利な状況である。DFの方がボールもマークするFWも見えているため先にボールにアタックできる優位な体勢にあるからだ。ヘッドで競り勝つのも難しいものを胸で一発でコントロールして25メートル先のネットを揺らすのだから、すげー(すごいの最上級〈笑〉)の一言である。(平川弘=サッカー解説者、元日本代表)


    湘南戦
    位置 選手名 出場 評価 ひとこと
    GK 李昊乗 先制起点となるキック
    DF パウロン 堅実守備できるじゃん
    河合竜二 アキレスけんは厄介
    櫛引一紀 集中してたねー
    奈良竜樹 いつも通り起点つぶす
    MF 荒野拓馬 あれ止まんないの
    宮沢裕樹 けいれんも奮闘
    上里一将 一撃、ぶれたねー
    日高拓磨 タッチでかかった
    石井謙伍 藤田に慎重対応
    FW 前田俊介 股通して荒野へ
    中原彰吾 荒野へキラーパス
    内村圭宏 守備意識高し
    都倉賢 あれは、すげー

    ※出場は◎フル出場▽先発途中交代▲途中出場。評価はA大変良いB良いC普通D悪い

    このページの先頭へ