どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

コンサドーレ試合結果 2012

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • 日程
  • 試合速報
  • 戦績
  • 順位表
  • 選手・スタッフ
  •     
 

○札幌 2―1 仙台

(2012/08/12)

後半34分、流れを引き寄せる同点ゴールを決め喜ぶ日高(中央)=国政崇撮影

札幌執念、逆転勝ち 仙台、2位に後退

 第21節は9試合を行い、最下位の札幌は札幌ドームで首位の仙台と対戦し、2―1で今季初の逆転勝利を収めた。通算成績は3勝1分け17敗で、勝ち点を10に伸ばした。順位は最下位のまま。

次節の札幌は18日午後2時から、札幌厚別公園競技場で神戸と対戦する。


 1点を追う札幌が終盤に2点を奪って逆転勝ち。今季初めて札幌ドームで勝ち点3を挙げた。

 札幌は前半12分、CKを頭で合わされて仙台に先制点を献上。後半24分に内村を投入し、システムを変えて前線の人数を増やすと、同34分、山本のクロスに日高が頭で合わせて同点ゴールを決めた。さらに、終了間際には途中出場の岡本がゴール前に送ったクロスが相手のオウンゴールを誘い、勝ち越した。

ゴールへ意識強まる

 引き分け濃厚の後半ロスタイム4分。岡本の鋭いクロスが、仙台DF渡辺の必死に伸ばした足に当たった。記録はオウンゴール。だが、石崎監督は「岡本の得点にしてほしいくらい」。勝利を最後まで諦めない執念で、首位にリーグ戦8試合ぶりの土をつけた。

 後半途中からDFを1枚減らす3バックに変更。リスクを承知で攻勢に出た。決勝点も「たくさんの選手がゴール前に詰めていたのが、オウンゴールにつながった」と指揮官。シュート11本のうち後半だけで8本。ナビスコ杯から中2日間の相手に「1失点でしのげば後半、向こうの足が止まる」(砂川)という、思惑どおりの展開に持ち込んだ。

 序盤に先制を許した守備陣も、その後は踏ん張った。「今まで失点したらずるずるいっていた。同点にして、逆転まで持ち込めたのは大きい」と岩沼。警戒したサイド攻撃を封じ、ゴール前でも金載桓らが体を投げ出してゴールを死守。劇的な逆転勝利につなげた。

 司令塔のハモンが加入して3戦2勝。2季前のJ1王者名古屋に続き、首位の仙台も撃破した。「ボールが回るようになり、ゴールを狙う意識が強くなった」と日高。ホームで2連勝で、次も札幌厚別での神戸戦。「自信になるけど、連勝しないと次につながらない」と岡本は気を引き締める。この自信を、勢いにつなげなければならない。(原田隆幸)

コンサドーレ試合結果 2012 コンテンツ一覧

このページの先頭へ