どうしんウェブ 北海道新聞

  • PR

  • PR

コンサドーレ試合結果 2012

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • mixiチェック
  • 日程
  • 試合速報
  • 戦績
  • 順位表
  • 選手・スタッフ
  •     
 

△札幌 1―1 大宮 <ナビスコ杯>

(2012/05/17)

後半43分、同点ゴールを決める前田(玉田順一撮影)

札幌、粘ってドロー

 1次リーグ6試合を行い、B組は札幌がさいたま市のNACK5スタジアム大宮で大宮と対戦し、1―1で引き分けた。札幌は1勝1分け2敗の勝ち点4で5位。


 札幌は終了間際に途中出場の前田のゴールで追い付き、引き分けた。後半8分、大宮にコーナーキックから金英権のヘディングシュートで先制を許したが、近藤や前田ら攻撃的な選手を投入して反撃。後半43分に砂川のパスを受けた前田が右足で同点ゴールを決めた。

前田、土壇場の千金弾

 残り2分。1点を追う土壇場で同点に持ち込んだ。リーグ戦では初勝利の後、2連敗。接戦を落とす試合が続いているだけに、石崎監督は「最後まで諦めず戦った。今までにない粘りだった」。今季初となる追い付いての引き分けを評価した。

 値千金の同点弾は途中出場の新エース、前田の右足から。ゴール前でパスを受けると、持ち味のドリブルで2人を抜き去った。「いいボールが来たので、落ち着いて決めるだけだった」と前田。2トップを組んだ大島との好連係もあり、「これからいい(攻撃の)形ができてくると思う」と、指揮官も期待を寄せた。

 チャンスを与えられた若手もそれぞれ持ち味を見せた。センターバックとボランチの4人が10代。4月のリーグ戦では1―2で敗れた相手を、セットプレーでの最少失点に封じた。「連係を崩さないよう、最後まで声を掛け合った」とルーキーの前は振り返った。

 白星こそ逃したが、故障明けの大島が1カ月半ぶりに先発し、持ち味のポストプレーで起点となるなど好材料はそろった。「次を勝って初めてきょうの引き分けが意味が出てくる」と前田。中2日間で迎えるリーグ戦の鹿島戦へ、この勢いをつなげたい。(原田隆幸)

コンサドーレ試合結果 2012 コンテンツ一覧

このページの先頭へ